2012年12月21日

製造業は慣れるに限ります

製造業はある弱電会社の流れ作業を学生の頃にやっていました。高校の時と短大の時、結婚して妊娠してからも少しの間バイトしていました。知り合いの会社だったので、都合のいい時に雇ってもらい、都合よく辞めていくという感じでしたが、当時は年齢が若いせいか、立ち仕事でも体力が持っていた気がします(^_^;)

つまり、1日中立ちっぱなしの製造業は20代までなら体力が持つでしょうが、アラフォーのいまの体にはキツイということです(笑)・・・仕事だからそんなわがままも言えませんが。

製造業は、立ちっぱなしで同じような作業な定時までずっと続くという感じで、飽きっぽい人には向いていない仕事かもしれません。休憩は10時とお昼と3時の計3回でした。

しかし、私の経験上、覚えてしまえば簡単な作業(慣れているので手の動きだけでスムーズに仕事ができる)、人間関係で嫌なことが少ない(持ち場があるので、それぞれに集中しているから、従業員同士の会話も少ないため)、サービス業のようにお客様からクレームを言われることがない。

製造業には、こうしたメリットがあると思います(^-^)もうひとつ、製造業でいいことが。。。。それは、言われた通りに仕事していれば、大きな問題が起きないということ。(一概には言えませんが(^^;

高校生の頃は夏休み、冬休み、春休みとほとんど製造業でアルバイトして、大好きなコンサートに行く軍資金を稼いでいたという感じでした(^^;



posted by meron at 12:09| Comment(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商業音楽の音楽賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。